OCEAN POINT オーシャンポイント株式会社

オーシャン
ポイントの牡蠣
〜牡蠣への想い〜

OYSTER LIFE

瀬戸内海で
おいしい牡蠣が育つ理由

瀬戸内海産牡蠣がおいしさで評価されるのは、
穏やかな海域とプランクトンの関係性が牡蠣の育生に適した環境だからです。

オーシャンポイントの牡蠣

瀬戸内海広島県最南端の清浄海域にある倉橋島。
美しい瀬戸内海。牡蠣が栄養を蓄える絶好の場所なのです。

      1.穏やかな地形と風波、潮流
      2.牡蠣の生理機能に最適の水質変化
      3.ほどよい塩分濃度
      4.生産者の愛情

指定海域とは広島県告示で指定された生食用牡蠣が採集できるきれいな海域です。条件付指定海域は、指定海域以外で生食用牡蠣として食べられる海域です。牡蠣の成育には手間暇かけた時間と愛情があります。倉橋島は、広島県呉市に位置し、広島県でも最南端にある島です。広島産牡蠣といえばひとくくりに思われがちですが、倉橋島産の牡蠣はまた広島牡蠣の中でも独特の風味を持っており、産地により色々な風味が違いその育った海域でそれぞれの味が違います。倉橋島産牡蠣は育つ環境から身が大きく磯の風味が独特です。

倉橋島だから育つ美味しい牡蠣。

広島の牡蠣養殖は、日本の牡蠣養殖の発祥とされています。瀬戸内海に流れ込む太田川の河口域に発達した干潟と河川水がもたらす栄養塩によって成り立っています。しかし倉橋島産の牡蠣はその恵みを受けにくい海域に位置している為、大変な時間と手間がかかりますが、永い年月熟成され美味しい深みのある独特の風味を味合わせてくれます。現在も養殖牡蠣の生産量6割を占めていますが、これは瀬戸内海海域での海水温変化が牡蠣の産卵や成長などのリズムに合っていることです。栄養素に恵まれた海水とそれによって牡蠣養殖に適した海域が形成されている事などに起因しています。倉橋島産の牡蠣は殻をあけると殻全体に身がぽってりと詰まっており、とても濃厚な甘味が特徴です。またほどよい塩分と香りを味わう事ができます。生で食べると、その新鮮さと牡蠣独特の旨みを味わえます。

オーシャンポイントの牡蠣

海という自然の恵みから
栄養素を凝縮した天然カプセル

牡蠣には、三大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質の他に、ビタミンA、B、C、カルシウム、リン、鉄、亜鉛などがまんべんなく含まれています。牛乳は完全栄養食品だと言われますが、牡蠣は、ミネラル、ビタミンなど、牛乳がもつほとんどの栄養素の含有量で牛乳を上回っています。特に亜鉛は他の二枚貝の10倍も含んでいます。バランスの取れた栄養分と、柔らかい口当たり、口の中でとろけるような触感や、乳白色でジューシーなところが「海のミルク」と言われる所以です 。 それもそのはず、牡蠣は生物の中でもトップクラスの省エネ型で効率の良いの生き方をしている生物だからです。自分は決して動かず、堅い殻に身を護られて、ストレスを感じること無く、のびのびと生きているのです。
豊かな森林から流れ出るミネラル豊富な真水と命の源である海水の出合う栄養素豊かな海域でたっぷりの養分を吸収し、体内に濃縮して蓄える性質をもっています。まさに本物のミルクを越えた、海のミルクです。